インプラント

インプラント

当院のインプラント治療

 インプラントでは、「見た目を美しくする」ことに注力されがちです。しかし、当院では、部分的な治療は行ないません。包括的なインプラント治療を目指しています。見た目を美しくすることはもちろん、機能性もしっかりと期待できる治療を施します。歯が美しくなることで、素敵な笑顔を取り戻し、体全体も健康になるように、トータルサポートができるような、インプラント治療を目指しています。

安心・安全なインプラントの実現のために

CT

 インプラントを安全に埋入するためには、画像撮影と診査・診断が重要になります。残念ながら、日本の多くの歯科医院では、CT撮影を行なわず、歯科用レントゲンだけで画像診断をするケースが大半を占めているというのが現状です。

 インプラント治療に取り組んでいる歯科医院では、画像診断にはCT撮影を行うことが基本です。歯科用レントゲンだけに頼った診査・診断を行なう歯科医院でのインプラント治療はおすすめできません。もちろん、すべてのケースでCT撮影が必要というわけではありません。CT撮影をしないで済む簡単な診査・診断も可能なケースもあります。しかし、それもCT撮影しないと判断することはできません。

 当院では院内に歯科用CTを導入し、インプラントを安全に埋入するための画像撮影と診査・診断を行なっております。

シンプラント

シンプラント 当院では、「Simplant(シンプラント)」という3Dコンピューターシュミレーションシステムを導入しています。Simplantは、CTで撮影した画像を処理、その情報を立体的に把握することができるソフトです。Simplantを採用することで、より正確な診断が可能になります。

 Simplantにより、CT撮影のデータを再構成した3D画像を作成し、多角的な測定やインプラント埋入シュミレーションの実現で、より実用的そしてリアルなしシミュレーションが可能になります。これまで以上に、インプラントにおける安全性、審美性をあらゆる角度から検証できるので、患者様にもご満足いただいております。

インプラント治療の流れ

 インプラント治療の手術方式には、1回法と2回法があります。その違いは、手術の数です。当院では患者様の負担を減らすべく、基本的には1回法を採用しています。ここでは平均的な1回法のインプラント治療の流れをご紹介していきます。

STEP1カウンセリング

インプラントにおいても、カウンセリングを第一と考えています。お客様のご希望、お話をじっくりと伺い、どんな質問にも丁寧にお答えしていきます。些細なことでもお気軽にご相談ください。

STEP2検査

むし歯や歯周病などの基本的な検査を行いお口の中の健康状態をチェックしてから、インプラント治療に必要なCT撮影に移ります。

STEP3治療計画

お口の状態、さらに骨の状態の検査結果を説明します。シュミレーションソフト(SIMPLANT)を用いた治療計画を提案します。患者様にご納得いただけた上で、治療へと進んでいきます。

STEP4インプラント埋入

シュミレーションソフトSIMPLANTをもとに分析したデータよりサージカルガイドを作製し、安全な埋入を行ないます

STEP5治癒期間

顎の骨とインプラントが結合する期間を設けます。期間は患者様の状態にもよりますが、数ヶ月間という少し長めの期間になります。

STEP6上部構造装着

歯肉が治ったら、アパットメントと上部構造を取り付けます。この段階で、咬み合せの調整を行ないます。

骨が少なくてインプラントが出来ないと言われた方へ

骨が少なくてインプラントが出来ないと言われた方へ

 インプラントにしたいと相談したとき、「骨が少なくてインプラントはムリ」といわれた経験はありませんか?
 歯周病の進行、歯を失ったままの放置により、骨がなくなっていくとインプラント治療が出来ないケースがあります。しかし、インプラントを埋入するために必要な骨を増やす朱ずつ「骨造成」を行うことで、インプラントが可能になります。

 骨造成には、サイナスリフト、ソケットリフト、GBRといった方法があります。治療する部位に応じて、骨造成をアレンジすることが可能です。当院では、患者様の骨の状態に合わせて、骨造成を行い、インプラントを可能にします。