歯を失ってしまった方

歯を失ってしまった方

歯を失った状態を放置しておくリスク

リスク 失った歯は元には戻せません。さらに、歯を失った状態で放っておくと、さまざまなトラブルを引き起こすリスクにもなります。永久歯は上下合わせて28本、親しらず4本を含めると全部で32本あるのが通常です。本来は前歯、小臼歯、大臼歯がそれぞれ上下バランス良くかみ合うようになっています。上下の歯だけでなく、舌、顎関節、筋肉などが適切な機能を果たすことで、お口だけでなく体のバランスを保っています。

 むし歯や歯周病、アクシデントで歯を失ったときに、「1本くらいなくても大丈夫」「見えないところだからそのままでもいい」「歯医者に行くのがめんどくさい」歯が抜けたままの状態に放置というケースはめずらしくありません。

 歯を失ったまま補治していると、「あのとき治療しておけば良かった」と後悔することが多くあります。歯を失ったままにしているという方は、できるだけ早めに歯科医院に相談することをおすすめします。

歯の喪失によるさまざまな悪影響とは…

  1. 咬み合せが悪くなることで歯並びに影響が出る
  2. 顎の骨に力がかからなくなるので、骨が痩せてしまう
  3. しっかり噛むことができないため、消化器官に負担がかかる
  4. 左右のバランスが崩れ、顔の輪郭に変化が出る
  5. 顔や首にシワやたるみが増えてしまう思考能力や集中力の低下を招く

 歯を失ったままにしておくことで、良いことは何もありません。歯を失ってしまったら、まずは歯医者さんに相談するようにしましょう。当院にご相談いただければ最善の治療法を提示いたします。

治療法の比較(インプラント・入れ歯・ブリッジ)

 歯を失ったときの主な治療法は、「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」です。それぞれの治療法でのメリット・デメリットをまとめていきます。

インプラント

メリット

見た目にも美しい上に、天然の歯と同様の感覚で咬むことができる

デメリット

手術が必要になるので、費用と治療期間が他の治療よりもかかる

ブリッジ

メリット

短期間での治療が可能で、セラミックを使用すれば天然の歯のような仕上がりになる

デメリット

健康な隣在歯を削る必要がでてくることもあり、支えとなる歯に対して大きな負担がかかることがある

入れ歯

メリット

短期間の治療が可能な上に、治療も比較的簡単で、治療費が安い

デメリット

咬み心地に問題が生じる場合が多く違和感がでることもあり、見た目もあまり良くない

当院の入れ歯治療の特徴

PTMC 当院では、院長が補綴科出身ということもあり、経験と実績があります。また選び抜いた技工士との密な連携により、患者様にとってベストな治療を提案していきます。「入れ歯=見映えがわるい」「入れ歯=治療費を安くあげるための選択」「入れ歯=咬み合せが良くない」といったマイナスイメージがある方も多いかもしれません。

 金属床を用いた入れ歯をご希望の患者様においては、歯科技工士との連携の元、最高の材料を用いて、違和感の少なく噛み心地の良い入れ歯を提供できる体制を整えております。お気軽にご相談下さい。

入れ歯の調整

 『今、お使いの入れ歯に満足できていない!』 
 そんな声を伺います。「入れ歯が痛く感じる」「なんとなく違和感がある」「咬みにくい」「咬めない」など、お悩みはさまざまです。そんな入れ歯を我慢して使い続けてはいけません。

 当院では他院でお造りになった入れ歯の調整や修理にも対応しています。患者様にご満足いただけるよう、丁寧にしっかりと調整をいたします。違和感を感じる入れ歯は即作り直し! ということにはなりません。まずはお気軽にお持ちください。

自家歯牙移植

歯牙移植について

 歯牙移植は、主に歯が抜けてしまったところへ他の歯を移植する処置として行ないます。歯牙移植の最低条件は、使用可能な健康な親知らず(8番)が生えていることです。場合によっては、親知らず以外の歯を移植歯とすることもあります。症例にもよりますが、インプラントやブリッジをすることなく、ご自分の歯で機能を回復することが出来ます。歯牙移植を行なっている歯科医院は多くはありません。もし、歯牙移植についてご検討をされているという患者様は、当院にご相談ください。

歯牙移植の治療費について

歯牙移植には、保険適用の場合と、保険適用外の場合があります。まずはしっかりと歯科医院側に内容を確認してください。

歯牙移植のメリットとデメリット

メリット
  • 健康な隣在歯を削る必要がない
  • 良い咬み合わせを作ることができる
  • 保険適応となれば、治療費が安くすむ
デメリット
  • 条件に合う健康な親しらず、または移植歯が必要
  • 予後が不安定なことがある