盛岡・歯医者・歯科

ご予約はこちら 019-604-8848

岩手県盛岡市中央通2-10-15

診療案内

ホワイトニング リップエステ スタッフ募集

歯科医院に来る時はどなたでも、緊張されていると思います。コバヤシデンタルクリニックでは、少しでも患者様様の緊張を和らげられるようAEAJ認定アロマテラピーアドバイザーによる香りの空間作りを心掛けております。

【MTA覆髄治療(歯髄保存治療)】


神経は、歯の心臓のような部分です。

神経を取ってしまった歯は、歯根が割れたり、再治療の原因となり、予後不良と
なる場合が多くあります。
結果、歯を抜かなければならないなど寿命を短縮させることにつながるのです。


そのため、当院では今まで神経を取らなければならなかったケースでも
MTAという特殊な材料を用いて神経を保存する治療をおこなっております。




≪MTA治療の特長≫

 歯髄を保存できる場合があります
    今まで、神経を取らなければならなかった症例もMTAを用いることによって
    残せる可能性があります。

◆ 歯を削る範囲を最小限に抑えることができます
    抜髄処置(神経を取る)をおこなわないため、歯を削る範囲をおさえることができます。
    また、その後の被せ物や詰め物の範囲を小さくすることができます。

◆ 治療回数・治療費用を抑えることができます
    歯髄を保存することによって、根の治療の期間がなく、土台となる材料等の費用を
    抑えることができます。結果として、その後の被せ物等の費用も抑えることに
    つながります。

◆ 歯の寿命を延ばすことができます



<MTA治療をおこなうにあたっての注意点>

1.MTA治療のよる覆髄処置は、非感染性生活歯髄が適応となります。

  何もしなくてもズキズキ痛む、温かい物でもしみたり痛みがある炎症性歯髄は、
  適応外となりますので、治療をおこなうことができません。

2.保険適応外の治療(自由診療)となります

  MTA製剤は非常に高価な薬品となります。
  費用は、30,000円となります。
  また、MTA治療をおこなった歯、その後の被せ物や詰め物も保険外となります。

3.歯髄を保存できない場合があります
  
  MTA治療は、従来よりも非常に高い確率で歯髄を保存できるようになりましたが、
  虫歯の状況、術後の症状によっては、抜髄処置に移行する必要がある場合があ
  ります。

4.治療後、多少しみる症状ができる場合があります

  治療中の刺激や覆髄処置の刺激によって、術後一時的にしみる症状が出る場合が
  あります。
  


 
alpha