一般歯科

一般歯科・小児歯科

むし歯になったら悪化する前に治療を

むし歯になったら悪化する前に治療を むし歯はやっかいなもので、初期の段階では痛みがほとんどありません。食べるときに痛みを感じたり、何もしないときにズキズキしたりという症状がでてきたときには、すでにむし歯がかなり進行しているケースがほとんどです。

 むし歯が悪化すると、痛みだけでなく、痛みによるストレス、さらには、治療が長引くことで経済的な負担も増えてしまいます。今はまだ我慢できる、また今度という考えは捨てましょう!早めの治療が歯にとっても患者様にとってもベストだと心がけてください。

なるべく痛くならない治療

 むし歯の治療で不安を感じるのは「痛み」ではないでしょうか。むし歯治療は痛いというのが従来の考え方でした。しかし現在では歯科医療の進歩により、限りなく無痛に近い治療が可能になっています。当院で実施している「痛くない」治療の流れは次のようになっています。

ステップ1表面麻酔

 麻酔を注射する前に、あらかじめ麻酔液を塗布します。注射をするときに「チクッ」とするあの独特の不快感を最大限なくすための方法です。

ステップ2極細の針

 痛みを感じるのは太い針で刺されるからなのです。当院では現在販売されている中で最も細い針「33G」を使用しています。極細の針を使用することで、注射時の痛みも最大限に抑えることができます。

ステップ3電動麻酔注射

 注射時の痛みの原因は針だけではありません。実は、麻酔液の注入スピードも痛みの原因のひとつです。人間の手で注射を行なうと、注入スピードにムラがでてしまいます。

 そこで、当院では、「電動麻酔注射」の活用をしています。コンピューター制御により、患者様が痛いと感じない理想的なスピードで麻酔液を注入していきます。

ステップ45倍速コントラアングル

 歯医者さん=痛い=独特の音というイメージをもつ方は多いと思います。あの音さえなければ…と感じている方も多いのではないでしょうか。当院では歯を削る際に「5倍速コントラアングル」を使用しています。これを使うことで削る際の不快な音、痛みを伴う振動は最小限に抑えられます。

なるべく削らない・抜かない治療

なるべく削らない・抜かない治療 当院では、なるべく削らない、抜かない治療、「MI(MinimalIntrevation)」という考え方をコンセプトとしています。MIをしっかりと実施することにより歯の寿命を延ばすことができます。

 歯を抜歯のリスクから守るためには、可能な限り削らない、抜かない治療が必要になります。MI治療体制を可能にするために、最先端機器「マイクロスコープ」を活用し、虫歯感染部位を分かりやすくする「う蝕検知液」を利用、感じる痛みを最小限に抑える極小ドリル「MIバー」を使用し、さらに、最新投薬治療の「MTAセメント」を用いることで、可能な限り神経を残す努力をしています。

 

MTAセメント         ¥30,000(税抜)

clinic
基本情報

医院名 コバヤシデンタルクリニック
住所 〒020-0021
岩手県盛岡市中央通2丁目10−15
電話番号 019-604-8848
 
9:30-12:30
14:30-19:15

▲土曜日の午後の診療時間は17:30までとなります。
★月曜日、金曜日の午後の診療時間は18:15までとなります。
【休診日】水曜、日曜、祝日(祝日のある水曜は診療いたします~17:30まで)